保育園からの呼び出しをパパに対応してもらう3つの方法。

保育園・託児所・認定こども園からの急な呼び出しはワーママのピンチ😱

熱、嘔吐など…何度この困難にぶち当たったか😂

まず、私(ママ)に電話が入り、抜けられそうなら私が早退してお迎えと対応していました。

(7?8割私だったと思います😂)

子供にもよりますが上の子は呼び出されまくり💦(下は割と元気)

呼び出しのたびに

  • 子供の心配
  • 早退することに心苦しさ
  • 早くお迎えに行かねばならないプレッシャー
  • 職場へ迷惑をかけているということ

を感じて辛い😥

共働きなのに基本ママだけが対応するっていうのもおかしくない?

と思った私が5年の経験から、保育園からの呼び出しであわてないためにとっている夫婦の対策をお伝えします。

目次

方法① 1st callをパパにする

子育て初期、私の職場の託児所を使っていたこともあり1st callが基本私(ママ)でした。

呼び出されるたびに子供の心配、早退することに心苦しさ、早くお迎えに行かねばならないプレッシャー、職場に迷惑をかけることの申し訳なさなどに苦しみました。

旦那さん(パパ)にも連絡しますが、すぐに電話に出れないこともあったり、連絡は取れても早退できなかったりと結局私1人で対応するしかなかったり…

こんな経験を約2年したことで、園を認定こども園と保育園に替える際に

  • すでに2年ママが対応したこと
  • 私も仕事を抜けにくいこと
  • 私も対応するがのプレッシャーに疲れたこと

を伝え、話し合い1st callをパパに変更しました❗

私は妊娠初期から男性(というか、旦那さん)は子育てのことを自分ごととして捉えにくいのではないかなと思っていました。

なので、呼び出し1st callにしておくことでパパが園からの呼び出しに対してより自分の事として考えるようになった気がします👍

そして、ママは1st callのプレッシャーから解放されました⭐️

もちろん1st callではないというだけで私もお迎えに行きますが。

方法② 呼び出されそうな怪しい日は打ち合わせをしておく

予兆なく呼び出されることも、もちろんありますが😱

基本は

  • 鼻水出てきたかなぁ
  • ちょっと体温高めになってきたかな
  • 夜断眠になってる…

などなど子供の体調の変化で呼び出しの予兆が高まってることがあります💦

そんな時は『可能なら無理して預けない』が一番かもしれませんが、共働きだと予兆レベルで毎回休むわけにも行かず『頑張っていってらっしゃい』と呼び出されないよう祈りながら送り出すこともあるでしょう。

私は、そんな日だらけでした🤣

そんな予兆がある時は、前の夜や当日朝に【もし呼び出されたら迎えに行けるか】の確認をしておくといいと思います。

  • 今日なら抜けられるかなぁ
  • 午後なら…
  • 今日はどうしても無理なんだ

など確認しておけば、パパが呼び出し対応が無理な日は自分の職場で

もしかすると子供が調子を崩していて呼び出しが入るかもしれません。その時は早退させていただくかもしれません。

  • 職場で上司と話をしておく
  • 抜けた際の対応を先に考える

などの対策が事前にできます。

これで、呼び出しがあっても慌てずスムーズにお迎えと職場の対応がしやすいと思います。

方法③ 実家の親にも頼り、連絡しておく

我が家は、私の実家と徒歩と電車で1時間ちょっとと近くもないけど遠くもない距離です。

私の母は自主的に(勝手に)

私の実母

(孫育てを手伝うために)パートを辞めた

というくらい我が家のサポートをしてくれる人で、恵まれた環境です🙏

子供たち🐰🐱の体調が悪い時

私の実母

急なお迎えは流石に難しいわよ

と言われていますが

  • 事前に予兆を伝え
  • 予定を確認しておけば

お迎えに行ってもらうこともできる…可能性が上がるので事前に連絡をしておきます!

呼び出しをパパに対応してもらう方法【まとめ】

私が5年以上、子供2人🐰😺を預けながら働いて、呼び出しに対して対応策を立てた実際の3つの方法です。

  1. 1st callをパパにする
  2. 呼び出されそうな怪しい日は打ち合わせをしておく
  3. 実家の親にも頼り、連絡しておく

③は難しい環境の人が多いとは思いますが

①.②は共働きなら目指せ半々!ということで参考に試してみてほしいです。

今年4月も次女が転園した人見知りストレスなのか泣きすぎて嘔吐し呼び出され💥

旦那さん(パパ)が1st callを受け

早退してお迎え

少し風邪気味かなと病院に連れていってくれていました🙏

感謝感謝です✨

共働きだけど家事も育児もママが大半を担っているという人が私の周りにもまだ多いですが、少しずつママのストレスを減らす対策をして

ママだからしなくてはいけないという呪縛から解放されるといいなぁ

と思っています。

少しずつママも自由になっていきますように。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

・36歳
・きりん
・4人家族
・2児のママ
・神奈川県在住
・フルタイム正社員
・育児苦手/家事適当
・海外大好き45/195国
・永遠のダイエッター
・旦那:休職→主夫→退職予定
・家族でマレーシア移住計画中

コメント

コメントする

目次
閉じる