栗をもらうと戦うハメになる。栗vs私の今年の戦いは…

秋の味覚の1つ、栗。

そもそもそんな好きでもないけれど、生栗をいただくので剥くところからスタートで毎年戦いです。

今年は主夫になった旦那さんにお願いしよう!と渡したら

旦那さん

それ(栗)は自分がもらってきたんだから自分でやって

と言われ…

戦いの火蓋が切って落とされたのでした…

目次

第1戦は栗🌰のお尻に切り込みを入れる。

切り込みすらへたくそ。

我が家の包丁が切れないのか…力が入るし危険な戦いでした…

家の包丁を取っ替え引っ替え🔪

なんとか切り込みを入れました。

第1戦で疲れてる私…

第2戦はレンチンからの鬼皮剥き。

今年はいい感じ。

切り込みを入れた栗を耐熱容器に入れて水を入れてレンジでチンして、包丁で剥いてみると鬼皮が割とスルッと剥けました!

YouTubeで見つけたレンジ下処理レシピで試してみると、今までの1晩水につけるとか炊飯器で炊くよりも簡単で、身もきれいに形が残りました!

第3戦は渋皮剥きは断念し筋取りとか。

形がきれいにできた!感動!

渋皮剥きしようと思ったけど…ここまで1個ずつ崩れずに鬼皮剥けたことないのと、昔職場の人が作ってくれた渋川煮が美味しかったから今年は渋川煮に挑戦することにしました。

筋取りとか、渋皮の熱いところとか剥いて整えました。

第4戦渋川煮に挑戦。

煮ては洗い5回!

第1~第3の戦いを経て、やっとお料理スタートです。

重曹で煮て、水で流して、重曹で煮て水で流して(レシピはもう1回だったけどskip。)からの水で煮て流して×2で、砂糖入れて煮てブランデーなかったからラム酒!

煮るだけとはいえ、大変でした。

やーっと渋皮煮の完成!

きれいにできた代表2点。

すっごい戦いを経て、できた渋川煮はとっても美味しくできました!

しかし…知らなかったから挑戦したとはいえ、渋川煮ってこんなに茹でこぼして洗って…砂糖とお酒を入れて

栗の甘さ、味って…分からない(笑)

栄養も流れた気がするし、砂糖の量が栗の半量を基準に…と500グラムの栗に対して230グラムくらい砂糖を入れたので糖質も半端ない。

今年の栗vs私の戦いは引き分けかな?

栗は本当に手間暇かかるので毎年負け戦な気がしてましたが、今年はすごい疲れたし手間暇かかったけど美味しくできたので結果は引き分けかな?

甘いラム酒味が本当に美味しくできたので少しずつ大切に食べよう!

秋の味覚だけど、子どもは食べなそう。ラム酒を入れたから大人味。
崩れちゃったのは蒸しパンとかに入れてお菓子にしよう!

包丁の切れ味の問題なのか、栗だからなのか毎年栗の下処理は戦いなので栗🌰剥きハサミを買おうかしら…と考えるけれど年に1回の出番と思うと買えなかったり…

本当に切れるのかしら?と半信半疑だし…

旬の物は美味しいけど、タケノコ(大好き)といい…手間がかかる…

渋皮煮を作った自分をほめよう!と思う秋の始まりでした。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

・36歳
・きりん
・4人家族
・2児のママ
・神奈川県在住
・フルタイム正社員
・育児苦手/家事適当
・海外大好き45/195国
・永遠のダイエッター
・旦那:休職→主夫→退職予定
・家族でマレーシア移住計画中

コメント

コメントする

目次
閉じる