ワーママがうざい問題に私なりの対策。【仕事ver】

ワーママと検索すると【ワーママ うざい】が上位に出ます。

私自身、今までも働いていてワーママにイラっとする事も多々ありました。

そんな【ワーママがうざいと感じた実際の経験】と【自分なりのうざく感じさせないための対策】を書き出してみました。

目次

ワーママうざい事件① 権利を主張する

職場に時短勤務、勤務希望多い、仕事を選ぶ権利主張しまくりママがいます。

確かに時短勤務も働くママに認められた権利だけれど

困ったワーママ

時短なのに仕事の負荷が多すぎる

など仕事量を減らすことを求め、土日勤務や泊りなども自分の希望を通し、仕事内容も選び…負荷は他のスタッフにかかります。

困ったワーママ

認められた権利なんだから!

というのが困ったワーママの主張だけれど、それでなくても小さい子どもがいると

  • 子どもの行事
  • 子どもの体調不良

など休みもとることが多く、他のスタッフに迷惑がかかるのに…

こういうママがいると、その後のワーママにも迷惑になっていくと思うのだけれど…

ワーママうざい事件②【番外】妊婦優遇しろ

妊婦で働く場合の困った?ことは今までも何回かありました。

妊娠中のつわりや胎児の状態も人それぞれなのでいつも通り働けない場合もあるとは思いますが、

困ったママ

妊娠初期に仕事をしたことで流産した。もっと配慮してほしかった!

と言い出した人には、ただただビックリしました。

妊娠初期の流産は高確率で起こることだし、少しも働きたくないなら診断書でも書いてもらって休職するとか自営するしかないのでは?

仕事に来て、仕事をして(一応みんなも気を使って配慮していた)そんなこと言われても…

彼女に配慮して、他のスタッフに負荷がかかっているのに😱よく言えるわ…と、ドン引きでした。

ワーママをうざくさせない対策①仕事中は全集中!

子どもの行事、子どもの体調不良 、泊りをするにも家族の調整が必要なため希望日を伝えたりと迷惑をかけているので仕事中は全集中です。

私は元々残業嫌いで、今は子どもの送迎もあるので定時の時間しか働かないので勤務時間内は無駄話もせず基本黙々と働きます!

急なお休み対策しておく

子どもの体調不良で急な早退やお休みをもらうこともあるので、自分がいなくても他のスタッフが困らないように仕事の対策をしておくようにしています。

できることは頼まれなくてもやっておく

基本の仕事をしたうえで余裕があれば頼まれていないこともするようにしています。

自分自身が独身の時にワーママにイラっとした、先輩から「子どもの体調不良とか仕方ないけど働けるときにがんばりな(意訳)」と言われた経験から自分のできることはやる!

通常業務ではなく、みんな手を付けないけど【こうなってたらいいな】【あったらいいな】をしておき、ワーママうざい対策で働いてるアピールです(笑)

基本は自己満足(笑)上司も評価してくれるのでwinwinです⭐

ワーママをうざくさせない対策②子どもの呼び出しは対策する

私の職場は子どもの呼び出しや、子どもの体調不良は【ママが対応して当たり前(仕方ない)】となっています。

呼び出しや、急なお休みも職場から断られることはなく認めてもらえます。

でも、呼び出しが1件ではなく重なったこともあるし、急なお休みも風邪がはやる時期など重なると残されたスタッフが困ります。

私は、共働きなのだから夫婦で対応すべきと思っているので旦那さんにも対応してもらいます。(必要時は私の母親にもお願いする)

旦那さんがダメな場合は呼び出しの可能性を朝から上司に伝えて相談しておくなど対策しておくようにしています。

ワーママをうざくさせない対策③上司に状況を報告

働くママの妊娠は職場にとって妊娠中の配慮(私は元気妊婦だったのであまりなかった)や産休・育休とダメージが大きいです。

でも、今はパワハラになるから?上司から子どもについて聞かれることが私はなかったので、妊娠の希望時期や人数もこちらから『(妊娠)いつごろを考えてます』『もう子どもを作る予定はないです』とか伝えるようにしました。

その他も、子どもの体調不良が起こりそうな場合や起こっている場合は適宜上司に報告し、今後の仕事への影響リスクを事前に伝えるようにしています。

子どものことはワーママならではの【報連相】だと思っています。

ワーママをうざくさせないために

ワーママだから迷惑っていう状況は嫌だ

と思っているので「子供がいるのだから助けてもらってあたりまえ!」にならないように

  • 感謝の気持ちをもつ
  • なるべく迷惑をかけない
  • 仕事を頑張る

に尽きると思います。

特に私は、育児より仕事の方が好き!と思っているので、自分が出会った困ったワーママを反面教師に【ワーママうざい】と言わせないように頑張りたいと思います 😆

ママも快適に働けるようにして、自由になっていきましょう。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

・36歳
・きりん
・4人家族
・2児のママ
・神奈川県在住
・フルタイム正社員
・育児苦手/家事適当
・海外大好き45/195国
・永遠のダイエッター
・旦那:休職→主夫→退職予定
・家族でマレーシア移住計画中

コメント

コメントする

目次
閉じる