夫婦の奨学金返済問題。

結婚前、夫の大学時代の奨学金(おづかいとして使用)が200万ほどが残っていました。

私的には【奨学金は借金】なので、無利子とはいえ結婚前に自分で完済してもらいましたが、世の中には【夫の奨学金は夫婦で返す】という考えも多いと知り驚くと共に考えてみると納得したり。

そして、夫婦で返すことに納得すると、私って鬼なのか?と思ってみたり。

我が家の場合を思い返してみました。

目次

旦那さんには貯金があった。

我が家の旦那さん、返済できないから返さないではなく

旦那さん

無利子だし、返済期間が長いと昔は「もう返さなくていいよ」ってなったって聞いたから。

と、貯金もあるし、個別株なんか買ってるのに奨学金を返済してませんでした。

  • 貯金はあった
  • 無利子というのも信用できない(結果本当だった。笑)
  • 借金は結婚前にスッキリさせて欲しかった

ので奨学金は自分で完済してもらいました。

ついでに、個別株も怖くて売り払ってもらいました。(これはしなくて良かったのかも…でも、買った時よりプラスになってたらしいし旦那さんも後悔していないのでよし。)

奨学金への考え方。

もしも、貯金もなくて旦那さんが自力で返せなかった場合…

  • 旦那さんの今の職があるのも奨学金を借りて大学(大学院 )を出たおかげと思って夫婦で返そうと思う
  • 借金があるのは旦那さんの家の経済状況のせいだから自分でどうにかしなさいと思う

など…夫婦で考え方が違ったりすると怖い…どうなっていたことか…。

結婚前に夫婦の意見が合って、完済できて良かったとただただ思います。

自分の子どもが奨学金を借りるような時にはよく考えさせる必要があるな!と。

子どもたちの時を考えると怖い。

子ども2人の大学の学費とか交通費くらいは親が払うつもりでいますが、それだけで高額。

旦那さんも、私の弟も、私立理系大学の院卒なので親の経済的負担を考えると恐ろしい…平均額から見たら800万円くらいはかかっている模様…

でも、両家とも親は文句も言わず学費を出してくれてるんですよね。

むしろ、子どもにお金の話を言わない、聞かせないできています。

学費だけ見ても一部奨学金となっても仕方ない気もするし、その間のおこづかいまで出せないから奨学金で借りるのは当たり前な気がします。

でも、奨学金は社会人スタート時点で借金もち生活が始まるということで子ども自身の負担にもなる。

子どもが大学に行く時には

  • 将来なにになるために学ぶのか
  • 大学(大学院 )卒業ということで支払った金額や奨学金が回収できる計画なのか
  • 負担が残るとわかっても行きたいのか

など、目的意識をもって学んでもらうためにも!自分たち夫婦は子どもとお金について話して見えるようにしていこうと思いました。

私はなんとなくで親にお金を払ってもらって授業は全く真面目じゃなかったので…私のような子供にはなってほしくない!

奨学金という重荷。

今大学生の半分くらいは奨学金を借りているらしいです…。

奨学金の返済があるから婚期も遅れている…というようなことをYouTubeでひろゆきさんが言っていて納得した私。

奨学金はやはり借金で、社会人という新たな人生のスタート時に重荷だと思うし、結婚するにしても重荷。

お金がないとできないことがあるから、夫婦共に奨学金が残っている結婚なども、想像すると重い。

借金は計画的にね!のCMと同じく、子どもにも金融教育をしてしっかり判断して計画的に借りて、返さなきゃいけない。

今後はもっと日本のお金に足して話すのがタブーが減って、子どもからの金融教育が進んで欲しいし、私たち親も自分たちなりに子どもにお金の勉強もさせて、家計・貯蓄も公開して一緒に考えられるようにしよう!

【奨学金を考えてたら】親って本当に奉仕…。

奨学金の返済を考えていたら、子育てって【修行で苦行だ】と思っていましたが、金銭的にも奉仕だな…と改めて感じました。

やはり子育てにお金がかかるとは思っていたけれど、ピンポイントで大学時代について考えると

親ってすごい。ただただ見返り求めず貢いでいくのね…

という気持ちになりました。

投資なら何%かでプラスになっていくのに、子どもにはお金を貢ぐけど【自立した大人になる】という結果以外は求めない。

(仕送りしてくれる子どももいるとは思うけど、していない私は子どもに求められません)

親の子育てとは…奥が深い。苦行で修業で奉仕活動だとは…。

子育てが得意ではない私には、

子育ては勝手に辞めることのできない人生の修行なんだなぁ

と改めて思えました。

逃げられないし、自分で子どものいる生活を望んだのだから、できる事を1つづつやっていくのみ。

お金の話、勉強もしていこう。そのためにも自分のお金の勉強もしなければ…。

自由のためには、お金も必要で。お金のためには学びが必要ですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに登録しています。
↓下のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

・36歳
・きりん
・4人家族
・2児のママ
・神奈川県在住
・フルタイム正社員
・育児苦手/家事適当
・海外大好き45/195国
・永遠のダイエッター
・旦那:休職→主夫→退職予定
・家族でマレーシア移住計画中

コメント

コメントする

目次
閉じる