共働きの男女平等とはなんなのか。

小さい時から『女の子なんだから…』と言われるのが大嫌いな私。

夫婦共働きなんだから、家庭も男女平等!

夫婦は仕事、家事、育児、発言全て平等であるべき!と思う私。

しかし、私的『男女平等』は旦那さんから

旦那さん

女尊男卑だ!

と言われます。

なぜでしょう?

目次

【私的】我が家の男女比率

  • 収入 旦那さん6:私4
  • 家事 旦那さん3~4:私6~7
  • 育児 旦那さん3~4:私6~7
  • 発言 旦那さん4?:私6?
  • 名もなき家庭運営業務 旦那さん3:私7

完全に男女平等にはなりませんが、まずまず平等かなと私は思っています。

あわせて読みたい
名もなき家事ならぬ【名もなき家庭運営業務】がある。 うちの旦那さんからは常に 仕事も忙しいのに俺はこんなに家事をしている。これが果たして50:50なのか? というような心の声がある気がします。 それを感じるたびに 私も...
【名もなき家庭運営業務について】の記事はこちら

私が考える旦那さんの男女平等への疑問

旦那さん『したくない残業をして帰ったのに、さらに家事をさせられている。奥さんは自由に過ごしている。これって平等なの?』ということ。

旦那さんは朝7:30に出て20:00くらいまで帰ってきません。

朝や夜残業になると朝も早く出て帰りも遅い。

それでも

  • ごみ捨て(週2回)
  • 洗い物(基本、食洗器)
  • 洗濯干し

など旦那さんの家事はやってもらうので残してあり、そこが不満なよう。

しかし、私からすると

  • 朝の子供の支度
  • 子供の送迎
  • 夕飯の支度をして食べさせる
  • お風呂に入れ着替えさせる
  • (旦那さん遅いと)寝かしつけ

も私が仕事にプラスして行っています。

旦那さんは通勤片道1時間くらいあるけれど電車や徒歩は

  • 携帯を見たり
  • 本を読んだり
  • 考え事をしたり

できるでしょうが私は車で子供の送迎もありそんな時間はありません。

そもそも、子供の送迎は

朝の送迎
  • 子供に泣かれたり
  • スムーズに行動をしてくれなかったり
  • 自分の始業に間に合わないリスク

という負荷がかかり

夕方の送迎
  • 園のリミットまでにお迎えに行かなくてはならない
  • 残業はできない
  • 園の他の親や先生のために外モードにならなければならない
  • 帰ってもすぐ子供に食事を出し、夕食を作り、夜の寝かしつけまでの仕事が休めない
あわせて読みたい
子供のお迎え担当の働くママの重責。パパは自由に残業しているという愚痴。 小さい子供を育てながら共働きで働くため保育園に預ける場合、送迎が必要❗ 我が家は旦那さんが 幼稚園の預け開始時間には朝はすでに出勤している😂 定時退社でもお迎えに...
送迎も重責という話はこちら

それを仕事にプラスして行い、自分の時間を作るためにこなしています。

『やりたくない』とはいうけれど、私は仕事で残業をするなんて

  • 時間内にこなしていないのでは?
  • 残業したくても、しない選択肢か私にはないのだけれど!
  • 残業ありきの仕事ってどうなの?

という考えと環境のため残業時間に関しては分かり合えず😱

そして、名もなき家庭運営業務は、ほぼやっていないのだから

『文句を言わずに家事もこなしなさい』と思う私。

私の考察するお互いの不満の根底

大変に感じている順位

  • 旦那さん  仕事>育児>家事
  • 私     育児>仕事>家事

と、辛いと思うことへのお互いの思いがそもそもずれている我が家…。

仕事や育児の辛さをわかり合うことができません…

  • 残業が多くなると仕事がよりつらいと思う旦那さん
  • ワンオペが増えると育児がしんどい私

性格の不一致ならぬ、思考の不一致です。

旦那さんの仕事が忙しいのはエンドレス

2020年は仕事にプラスして試験や論文もあった旦那さん。

試験・論文・面接の1年は去年だけでなく前にもありましたが

旦那さんが仕事や勉強などで忙しく

  • ワンオペになる
  • 家事も私
  • なのに感謝がない

これって結婚している意味あるのかな?

と思えて離婚を考えたくなったのです。

それが分かっていて、2020年私なりに協力したつもりです。

試験・論文・面接が終わり

やっと終わった。ワンオペから解放される!

と、思っていたら

旦那さん

仕事が忙しくて…また朝も早く夜も遅くなる

と言うのです。

私の我慢も協力も限界。

そもそも旦那さんON/OFFが下手で、仕事が忙しいと

  • 鬱っぽくなる
  • 会話不能になる
  • 負のオーラが出ている
  • 私のワンオペを労わない
  • 子供についても関心がなくなる

ので私は

  • 私が自分の時間を持つために頑張る
  • 旦那さんには分担している仕事をしてもらう

のは当たり前だと思うのです。

解決策

普通に考えれば

お互いの仕事を理解しあい労いあう

ということだと思いますが、それができていればこんなことにはなっていないのです。

我が家は、お小遣い制なので旦那さんの残業が増えてもお小遣いが増えないから私に旨みがない。(旦那さんにも)

なので『文句を言わずに家事もこなせ!』とは思うけれど
私なりの解決策を出すとしたら
私への旨みの提供をするか家事・育児を減らす状況を作るしかないと思う。

解決策(案)
  • 残業代分は翌月に旅行に行く
  • ワンオペの日は子供と外食OKにする(別に禁止されていない)
  • 私の母などヘルプを読んで家事育児を軽減する

『俺はすごいやってる』は勘違い

仕事をしているパパで

『育児も家事もやってる俺すごいイクメンじゃね?』

的な考えは、男尊女卑を引きづった日本の社会でもてはやされても

自分が思っているよりママからは

『あれもやってない、これもやってない』

という状況なんじゃないのかなぁと思う私。

そもそも私は

『残業してすごい働いて稼ぐより、定時退社でほどほどに稼いで育児も家事も協力してほしい』

と言っているのです。共働きなのだから。

『残業してくると収入が増えるからうれしい。頑張って働いてきてね。』

という思考ではないのです。

ワークライフバランスが大事。

『俺はすごいやってる』は思い込みです。

もっと仕事だけでなく、世のパパたちには家庭の共同経営者として家事・育児・名のなき家庭運営業務に目を向けて奥さんが

  • どんなに大変なのか
  • 何を協力してほしいと思っているのか
  • なんで冷たいのか(笑)

考えて行動してくれ!

女尊男卑とか言ってる場合じゃないぞ

と思う私です。

少しずつママも自由になっていきますように。

*『ふたりは同時に親になる 産後の「ずれ」の処方箋』という狩野さやかさんという方が書かれた本に、パパも頑張ってるつもりだったけど、ママの求めていることとズレていて空回っているというパパ側の状況も書かれていました。

小さい子どものいる家庭のパパに読んでほしい本です!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

・36歳
・きりん
・4人家族
・2児のママ
・神奈川県在住
・フルタイム正社員
・育児苦手/家事適当
・海外大好き45/195国
・永遠のダイエッター
・旦那:休職→主夫→退職予定
・家族でマレーシア移住計画中

コメント

コメントする

目次
閉じる