LGBTQについて、夜な夜なYouTubeを見て考えた。

最近聞くことも増えてきたLGBTQですが、自分自身が【体と心の性も一緒】で【異性愛者】と多数派なので余り考えることがありませんでした。

LGBTQ
セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。
・Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性
・Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象とする男性
・Bisexual(バイセクシュアル)は同性も異性も恋愛対象となりうる人
・Transgender(トランスジェンダー)は体の性と心の性が異なる人
・Questioning(クエスチョニング)またはQueer(クイア)は性的指向や性自認が定まっていない人
を意味する。
コトバンクより。https://kotobank.jp/word/LGBTQ-1829264

YouTube 101 のストーリーで取り上げられていた【かずえちゃん】ゲイのYouTuberとして LGBTQ (性的マイノリティ)に関する情報を発信していると…

YouTubeを見てみると、他のLGBTQの人とコラボしている企画も多く興味深く夜な夜な見続けてしまいました!

そして、【日本に対して】や【子どもへの伝え方】など考えさせられました。

結論、かずえちゃんも言っている『みんなちがって、みんないい』世の中になれば幸せな世の中になるんだろうなぁと思いました。

目次

私はLGBTQの人を受け入れられると思う。

私自身にLGBTQに対する拒否感はなく、かずえちゃんのチャンネルに出てくる他のLGBTQの人を見て話を聞いても「すてきだなぁ」と思える!

実はもともとBL小説・漫画も好きだった(笑)

中学生ぐらいの時に【赤ちゃんと僕】の作者:羅川 真里茂さんのニューヨーク・ニューヨーク(1998年刊行)を読んで、ただのBLの恋愛じゃなく養子をもらって育てて…とゲイカップルの人生まで深くて感動して泣いた覚えがあります。

20年以上前に読んだときは、「すごい感動したし、いい話だけど絶対周りの人には受け入れられないだろう」と思い込んでいました。

今回いろんなLGBTQの人の話を聞いて、ゲイカップルやレズカップルで結婚している人・子どもを持っている人が世界的には増えてきているんだなぁと感じました。

マイノリティの壁があっても結婚したり子育てしたりしているカップルは愛にあふれて素敵✨

セクシャルマイノリティの人が声を上げたりできるようになってきている世界が素敵だなぁと思いました。

LGBTQの人が周りにいない⁈

かずえちゃんのチャンネルに出てくる他のLGBTQの人を見て話を聞いて、海外に住んでいる人や海外に住んでいたことがある人が多く感じました。

話の中でも、海外の性的な配慮を聞くと日本の状況とは程遠い。

自分自身がマジョリティ側だから違和感がなく過ごしていたけど、日本は常に性別を確認して男女で対応を分けていることが多くLGBTQの人には優しくない。

自分自身はLGBTQの人に対して偏見も拒否感もないつもりだけど、周りにいない…のか声を上げられない日本だからいても気づけないのか…接することがなく実際は分からない。

女だから、男だからというジェンダー問題は元々大嫌い!だけど根強いと感じている日本。

日本はまだ同性婚も認められていないし…

もっとLGBTQの人も過ごしやすい 『みんなちがって、みんないい』 になってほしい。

子どもにはLGBTQに対してフラットな感覚になってほしい。

かずえちゃんのチャンネルを見て、子どもにもジェンダーに対しフラットな思考になってほしいと感じました。

一緒にYouTubeを見せてみるも会話が難しく子どもには早かったです。残念…。

私が、かみ砕いて

男の人と男の人が結婚したり、女の人と女の人が結婚する話だよ…

と伝えると

長女6歳

ふーん…前にママ女の子同士結婚できないって言ってたよね

と…(1年前くらいには「女の子が好き。女の子と結婚したい」と言っていた)日本ではまだ結婚できないけど、結婚できる国もあることを伝えました。

トランスジェンダーやクエスチョニングにまでは今日は伝えられず。

少しずつ伝えていこうと思いました!

SDGsでもジェンダーの平等が課題になってる。

私がずっと感じていた、女だから男だからというジェンダー(社会的性差)問題が無くなってほしい!という希望とLGBTQを理解してジェンダーレスな世の中になることは同じジェンダーの平等を目指していた。

当事者意識のありかた、私の視野の狭さであまりLGBTQが見えてなかったのかな。

早くジェンダーの平等な世の中になって『みんなちがって、みんないい』とみんなが思える社会になってほしい。

かずえちゃんのチャンネルは素敵なチャンネルでした。

まずは大人が理解して、子どもにも伝えて世の中が自由になっていきますように。

最後までお読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに登録しています。
↓下のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

・36歳
・きりん
・4人家族
・2児のママ
・神奈川県在住
・フルタイム正社員
・育児苦手/家事適当
・海外大好き45/195国
・永遠のダイエッター
・旦那:休職→主夫→退職予定
・家族でマレーシア移住計画中

コメント

コメントする

目次
閉じる