小さい子供がいてもママ(パパ)の自由時間のススメ。旅行や遊びもいいじゃない?

小さい子供がいるのにママが遊びにいくなんて…

とかよく聞くけれど

その度に私はモヤモヤ🙄しています

  • パパの仕事での出張は認められて、何故ママがたまに遊びにいくことが認められないのか。
  • パパのゴルフや飲み会は仕事の付き合いだと認められママのたまにある息抜きは認められないのか。

ママだから…

その言葉がいつも嫌です💥

パパだっていろんな仕事がある中で
自分で選んでいる働き方!

ママという時間無制限の拘束のなか

時間を捻出して家族納得の下
遊びにいく分にはいいと思います❗

というか
ダメだという人はどういう考えなのかと常に疑問です。

子供を産んだら
自分の全てを投げ打って子育てしなきゃいけないの?

もちろんそういう考えでそうしたい人はすればいい。

そんな自己犠牲がなくても

  • 使えるサービスや
  • 協力してくれる人を頼って

みんなで子育てをすればいいと思うし

私は1人でも完璧に育てていく!
なんて考えではないから

自分でママも自由に過ごすことができるように環境を整えています。

  • これから出産・子育てを考えている方や
  • 今小さい子を育てていて時間の作り方・考え方に悩んでいる方

に参考にしていただけるとありがたいです

あわせて読みたい
小さい子供を持つママも自由時間を確保する方法 独身や子供が生まれる前に比べると、小さいことがいるママは子供と離れて自分の自由な時間をもつことが難しくなります。 でも、自分のためにも心に余裕を持って育児や家...
目次

ママの旅行や遊び時間の必要性

家事や子育ても“労働”と会社に例えている記事をいつか読みました!

とても納得。

最近は主婦の働きを給料換算したら…なんてこともよく目にするようになっていますが

本当に家事や育児って仕事だと思うとブラック企業になりがちですよね。

本当に会社だとすれば労働基準法違反じゃないのかしら?

  • イヤイヤ期だったり
  • マイペースに振り回されたり
  • どうにも寝てくれなかったり

イライラして子供や旦那さんに当たることないですか?

そんな状態で

ママと一緒にいる子どもたちや旦那さんは幸せなのか?

  • 旦那さんも協力してくれて
  • 自分の母親にも手伝ってもらえたりする

ずっとワンオペのママさんに比べたら
子育てに恵まれているんだろうなという環境でも

『虐待する人の気持ち分かるな…』

と私は思う事が多々あります😢

毎日ずっと育児放棄をするわけではないのだから
たまにはママも自分のための時間をもって
リフレッシュして
ニコニコ笑顔に戻れば
家族も笑顔になると思いませんか?

家庭では夫と妻は共同経営者!

互い、より良い家庭運営の為に考えていく必要がある!

ママもパパも自由時間をとることは我儘とか勝手ではなく健全な家庭運営です!

自由時間を持つための具体策

常に忙しく、なかなか
変わりの効かないママやパパ。

実際どうやって、私が自由時間を作り出しているのか書き出しました!

具体的方法①思考のすり合わせ

ママが自由な時間を持つことを
考えない人の多い現状で
自由な時間を持つことをパートナーに分かってもらう必要があります。

ママだけの意見で押し切っていては夫婦仲に問題が出てきてしまうので
話し合いをして
パパとママと同じ条件でフリータイム( 自由に遊ぶ時間)をとるように話をしてみましょう。

具体的方法②実際に短時間からフリータイムをお互いとってみる

まず

  • 短時間から子供と離れる練習
  • パパにもママのいない家事や育児をしてもらう

ことで家事や育児の大変さも分かってもらえるい共感できるいい機会にもなります!

  • パパに対しても快くフリータイムに送り出せる
  • 自分もやましい気持ち罪悪感なく楽しめる

お互いが、家庭とは違うリフレッシュ方法を得ることで会話も増えますよ!

きりんは最近つき一回陶芸教室に行っています★

*私は陶芸とヨガが最近の気分転換です✨

具体的方法③使えるサービスや人の手を借りる

金銭的にも誰もが手軽に使えないけれど近頃の家事代行サービスや託児サービスなど

  • お金を使ってでも
  • 転職してでも
  • 身内を頼ってでも

休み(自由時間)の取れる優良企業に家庭環境を改善させましょう✨✨

具体的方法④フリータイムを長時間とる根回しをする

私は海外旅行好きが病的??

1人目が2歳の時にヨルダン

→旦那さんと旦那さんの両親(じぃじ、ばぁば)にも協力してもらい

1人目4歳、2人目1歳の時にシンガポール・マレーシア

→旦那さんと、きりんの母(ばぁば)の協力と保育園・幼稚園を使いながら

に友達と海外旅行に行きました。

旦那さんの実家には年に数回昼間の数時間過ごすのみだった為、練習宿泊をしたり根回ししました。

スケジュールも半年以上前から組んで調整し残された旦那さんや子供が困らないようにしておく必要があります。

が、これも家が会社なら自分の休暇の穴埋めは前もって想定して対応するところ!

自分の休み(自由時間)をもぎ取るために必要な事です!

まとめ

ママもパパもお互い自由時間を持つことは大切なこと!

ちゃんとステップを踏んで根回しをしてみんなが困らずにお互いの自由時間確保ができるようにしていきたいですね!

皆さんも、ぜひ
世間のこうあるべき

に負けず
自分らしい過ごし方を見つけて
ママでもパパでも自由に楽しく過ごしましょう😆

少しずつママも自由になりますように。

*私の自由な思考の根本にいつも高橋歩さんの言葉があります。

高橋歩さんの本は、どれも歩さんの写真が多くて文字は少なくおしゃれで読みやすいです。

高橋歩さんの言葉はパワーをもらえるので

  • やる気が欲しい人
  • 元気が欲しい人
  • 旅行好きな人

におすすめです!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

・36歳
・きりん
・4人家族
・2児のママ
・神奈川県在住
・フルタイム正社員
・育児苦手/家事適当
・海外大好き45/195国
・永遠のダイエッター
・旦那:休職→主夫→退職予定
・家族でマレーシア移住計画中

コメント

コメントする

目次
閉じる