【子供2人無痛分娩で出産】無痛分娩はズルくない!おすすめする理由

『なんで無痛分娩なの?普通に産めば?』

と私も言われたし

『家族に無痛分娩を反対されてる』

とか

『出産の痛みを経験しないといい母になれない』

ようなことを言う人もいるようです

しかし、私はじ自分の経験からも

無痛分娩をおすすめします

この記事は

  • 無痛分娩を選ぶか迷っている人
  • 無痛分娩の実際が知りたい人に

私の経験や考えを伝えることで

よく考えて選んで理想のお産を迎えられるよう参考にしていただけたらと思います。

目次

その前に

病院によって

無痛分娩・和痛分娩と言ったり

同じ無痛分娩でも

  • 計画分娩じゃないと対応しない
  • いつでも対応できる

など違ったり

痛み止めを産まれる前は切るところ

あるようです。

無痛分娩を考えているなら

産院を決める時に先生によく確認してみるといいと思います。

いざ出産になって

お金は払うのに

こんなはずじゃなかった🤣

ってなるのが一番悲しいので。

無痛分娩のメリット

  1. 陣痛の痛みがない・軽くなる
  2. 縫合時に痛みがない(最後まで無痛の場合)
  3. 体力の消耗が少ない

陣痛の痛みがない・軽くなる

私は麻酔薬の効きやすいようでほぼ痛みはありませんでした😆

私の友人は麻酔科医も大勢いる大学病院で無痛分娩で産んでおり麻酔量もこまめに調整してもらえた😊

しかし、職場の同僚は別の産院で無痛分娩を選び思ったより痛かったと…😂

痛み止めを産まれる~という前に麻酔薬を切るところもあると聞くので

  • 痛みが全くない
  • 痛みが軽いかは

人によるようですが

無痛分娩をしていない人とは陣痛の痛みは軽くすむでしょう。

縫合時に痛みがない(最後まで無痛の場合)

会陰切開や会陰が割けた場合(ほとんどの経腟分娩時)

胎盤を出した後に切ったり割けた会陰部を縫合します

無痛分娩で麻酔薬を使っている場合痛みを感じません😊

体力の消耗が少ない

とにかく陣痛と戦っていないので体力の消耗は少ないです😊

産後、私は出血量が多く貧血状態には一時なるのですが

すぐ回復し家族に勝ってきてもらったお菓子やパンを食べていました🍴

体験談で書いていますが
元気すぎて助産師さんに軽く怒られました🤣

無痛分娩のデメリット

  1. 麻酔中に飲み食いできない
  2. 麻酔中おしっこが導尿になる
  3. 微弱陣痛による分娩がすすまないこともある
  4. まれに熱が出る人もいる
  5. 片側効き、まだら効き、効果不十分になることもある
  6. その他、硬膜外麻酔のリスクがある
  7. 麻酔を打つという恐怖

麻酔中に飲み食いできない

私は何日もかかって…

という出産じゃなかったということもあってか

飲んだり食べたりできないことに
経験前はおびえていました(笑)

が点滴はしているし、体力消耗しないのもあってか

必要ありませんでした

普通の妊婦さんの体験談を読んで

ペットボトルにつけるキャップ付きストローを購入していたけれど

もちろん出番はありませんでした🤣

麻酔中おしっこが導尿になる

下半身に麻酔が効いており

排尿は導尿管理になるとのこと。

導尿をしてもらうことが恥ずかしかったかな

とは思いますが、そもそも

おまたぱかーん

と診てもらっているのでそんなに抵抗はなかったです😂

微弱陣痛による分娩がすすまないこともある

麻酔によって痛みを感じにくくなったせいで
陣痛が弱くなり、分娩が長引いてしまうトラブル

お産に時間がかかると
母体への負担を減らすために

  • 陣痛促進剤を使用したり
  • 吸引娩出術(赤ちゃんの頭にカップを装着して引っ張る)をする
  • 最悪 帝王切開

に切り替えることもあるようです。

が、私の出産した産院や
友人の産んだ大学病院も
陣痛促進剤は基本的に初めから使用しました。
主治医からもリスク説明時に
そんなに説明を受けた記憶すらないです🙄

心配な方は、自分の選ぼうとしている産院で

  • 陣痛促進剤を使用しているのか
  • 微弱陣痛で帝王切開に切り替えた人はどのくらいいるのか

など確認しておくと安心かもしれません。

まれに熱が出る人もいる

片側効き、まだら効き、効果不十分になることもある

その他、硬膜外麻酔のリスクがある

4・5・6は硬膜外麻酔のリスクです

医師も神様ではないのでリスクは0ではありません

が、ちゃんとした信頼できる医師のもとの医療なら

そんなにおびえなくていいのではないかと思います。

帝王切開の人は避ける避けないなんてなく基本受けるものなのだし

リスク0ではないけれど

そんな高確率の危険性の高いものでもない

やはり選ぶのは自分自身ですね

硬膜外麻酔を打つという恐怖

硬膜外麻酔の針を刺す痛みへの恐怖心

  • 私はもともと注射嫌い
  • 硬膜外麻酔の針を入れている時に動いたらどうしようという恐怖心
  • 硬膜外麻酔による問題が起きたらどうしようという恐怖心

無痛分娩の硬膜外麻酔を受けるということへの恐怖心が一人目の実際に硬膜外麻酔を受けるまでありました😱

2人目は全くなし(笑)

実際の体験

私の選んだ産院は個人院で

入院ベットも全て個室で9個という病院でした。

基本的に産科の先生は1人のため

  • 計画無痛分娩は対応
  • 時間外の陣痛・入院時は対応できない
  • 基本的に最初から最後まで麻酔を使う
  • 陣痛促進剤も使う

と確認し1週間ごとの通院時に

子宮口の状態で入院日を決める

はずでしたが

私は2人とも予告なく朝起きると

  • おしるし(軽い出血)
  • 生理痛の軽いの(元々生理痛がないので想像)

が出て病院に電話して行く…

と計画にならず

計画分娩じゃないと無痛分娩対応しないと言っていたけど2回とも入院して麻酔してくれました。

産科の先生が1人なので

大学病院の午前のみ診療に行く日

など対応しきれないことがあるため

基本は計画のみとしている感じでした。

1人目のときは

麻酔直前まで

  • 出産も早くて軽いかもしれない
  • 麻酔が怖い
  • お金が無駄になるのでは

とか色々考えて

『やっぱりやめるって言おうかな』

とか頭がパニック💥

旦那さんも駆けつけてくれたので相談をして

痛みに弱い旦那さん

旦那さん

麻酔したほうがいいよ!

と後押ししてくれたので

えいや!で麻酔をしました。

硬膜外麻酔をかける痛みは

メインの針を入れる前に

その周りに麻酔をするので

メインの針は押されるけど痛くはなく

total歯医者で麻酔くらいな感じです

その後はそんなに痛くなかったので
麻酔の針は入れていつでも麻酔薬を流せるけど
麻酔薬を流すとご飯が食べられなくなるので
麻酔薬流さず様子を見ることに👀

初産なので時間がかかるとの考えのよう

『痛かったら言ってね』

と言われていました。

夕飯までしっかり食べてから

なんだか痛くなってきた…

と麻酔を頼み

ナースステーション側の管理室のようなところに移動し

先生が子宮口確認

→これが麻酔なしなので痛かった😂

してから麻酔薬を開始してくれて

痛みがなくなり楽になりました✨

陣痛がどんどん進まなかったら

朝から促進剤を入れてお産本格スタート

との説明を受け

その後は

  • モニターをお腹につけて陣痛の度合いをみる
  • 定期的に助産師さんが来て子宮口確認
  • 定期的に導尿(恥ずかしいけど、麻酔で痛みや感覚がない)

で朝までうとうと😴

朝から分娩台に移動して促進剤開始

1時間おきに左向き、右向き、上向き…
というように向きを変え

途中の左を下にした姿勢の時

私の場合麻酔が効かなかったようで💦

(今思うと麻酔の片側効き状態 )

痛みを感じその1時間は陣痛が普通にあり💥

麻酔の効きは人それぞれというから

この後は痛みと戦わなきゃいけないんだ💥

と思い、骨盤がめりめり開く感覚?

すごい辛い1時間でした😱

旦那さんにテニスボールで肛門を押してもらいました

私も旦那さんもこんな辛いのが初産なので早くて夕方と言われていて

夕方まで続くなんて…😱

それぞれ絶望していました😱😱😱

(旦那さんは陣痛に苦しむ私に言えなかったとのこと)

1時間が経ち
助産師さんが来て
姿勢を仰向けにしたら痛みも消えました😂

子宮口も10㎝になっているが
赤ちゃんが降りてきてなく

吸引分娩をしてみるも出てこず

鉗子分娩に切り替えましたが

昼頃、無事に出産しました。

痛みは全くなかったです✨

その後の

  • 胎盤を出す時も
  • 吸引分娩のため避けた会陰を縫う時も

痛くなく

その日の夜には動けるようになり

恐れていた会陰の痛みもそこまで強くなかったです。

(友達からは円座がなければ座れないと脅されていました)

体力の消耗があまりなく、

元気な産婦で助産師さんに

『動けるからって動いてちゃダメ!』

と怒られるほどでした。

2人目も

朝おしるしが来て

病院へ連絡し入院

硬膜外麻酔をして促進剤開始して

痛みもないまま

昼には助産師さんのいうタイミングでいきんで出産しました。

2人とも基本的に痛みはなく

基本的に立ち会い分娩の

  • 旦那さんと世間話をしたり
  • 助産師さんと話をしたり
  • 音楽を聴いたり

陣痛の痛みもなく穏やかでした。

  • 別の病院で産んだ知り合いは無痛分娩にしたのに痛みが結構あったという人もいたし
  • 病院によっては陣痛のところは無痛だけど、いざ出産という時には麻酔薬を切る

ということもあると聞きます

私の選んだ産院は

無痛分娩10万円

私は無痛分娩に満足しかなく10万は高く感じませんでした。

無痛分娩=基本、硬膜外麻酔

硬膜外麻酔は帝王切開の時の基本の麻酔

硬膜外麻酔による医療事故ももちろんゼロではないので

選んだ人の自己責任ですが

普通分娩で産んだ人に聞くと

『全身筋肉痛になった』

『疲労困憊』

と言っていました。

私的には

その後の育児は

  • 3時間おきのミルク
  • こまめなオムツ替え
  • エンドレスに感じる抱っこ

など大変なことが多いので

出産が少しでも楽になる

無痛分娩を選ぶことをお勧めします!

少しずつママも自由になりますように。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

・36歳
・きりん
・4人家族
・2児のママ
・神奈川県在住
・フルタイム正社員
・育児苦手/家事適当
・海外大好き45/195国
・永遠のダイエッター
・旦那:休職→主夫→退職予定
・家族でマレーシア移住計画中

コメント

コメントする

目次
閉じる